クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

続・伝票を返される

先日返された伝票。

今週の金曜に振り込まれるんだろうなと存在すら忘れていたのですが、

支店から内線が来ました。

「社内便、誰も取りに行かなかったみたいで、いま気づいたんで(上司は今週こっちにいる)そっちに送りますね」

 

おい。

 

すごいな。

社内便で送りますと言ったのに社内便を確認もしないしさせないし、

そもそも社内便が来ていないかの確認を日常的にやってないらしい。

2日どころか1週間経過である。

おまけに明日は上司が直行直帰なので今週の精算にも間に合わない。

 

私の落ち度は「発送します」とは言ったが「発送しました」とは言ってないところでしょう。

普段から私のメールは見落とされまくっているのでもうええやろと思ったのがいけなかった。

しかしまさかポストを確認してもらえないことがあるとは思わなかったよ。

仕事で使っているポストを毎日確認してもらえるというのが私の思い込みなのかもしれないね。

 

ちなみに内線はそこで終わらなかった。

「あとですね、内線番号が更新されてないみたいなんで更新してもらえますか?」

座席表(内線番号つき)の更新ってもう私の手から離れて、その後席替えも更新もされていたはずでは・・・?

最新の座席表貼ってあるし。

 

・・・えー、電話帳を管轄している担当者に送ってなかったようです。

そんなの知らなかったと慌てる引き継ぎ相手をccに入れて座席表を送ったのですが、送ってすぐ

「芝浦さん、総務部って書いてますけど4月から総務部は管理部ですよっ」

と指摘をいただきました。

そもそもあなたがちゃんと送っていればこんなことにならなかったのだが。くそぅ。

 

作業のマニュアルは一通り作成してあるのですが、庶務作業なのでその場で質問すれば概ね正解がわかる。

概ね正解ですから、こうして抜けがあるわけで。

だから抜けないようにマニュアルをわざわざ作ったのにどうなっているんだろうか。

マニュアルに書いてないルールは通され、マニュアルに書いた手順はシカトされる。

私はどうやらずっとExcelで遊んでたみたいです。索引まで作ったのにね!