クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

やっと初うどんの日

テレビがコイン式の宿だった。

切れないでくれと祈りながらニュースを観ていて、有料チャンネルを観るのはこんな気分なんだろうかとふと思った。

修行中なのに変なことを考える。

 

国分寺のすぐ近くにピンクのラブホがある。よくこんな所に建てたよなぁ。人来るのかな。空気的に。

さっき変なことを考えたのはこのラブホのせいでしょうか。(違うと思う)

国分寺には次の白峯寺までのルートが文章で書いてあった。

まあ地図があるので良いんですけどインパクトがすごい。手書きだし。

 

白峯寺へ行くまで階段を一気に上る。

思えば階段にも慣れたねえ、なんてわけはなくへろへろになり東屋で一休みした。眺めは良い。

そういえば眺めが良くて晴れていたのは初めてじゃないかな。やっとだよ。マジで。

そこにシルバー軍団が登場。やたらフレンドリーだ。

こんなに祖父母がいたっけ?と錯覚するフレンドリー具合。

話を聞くに、へんろ道のゴミ拾い等をしているボランティアの方々らしい。

私の荷物を背負って「13kgってとこかな」とそのまますいすい上る。

階段に慣れるってそれのことだな・・・と思いつつ追う。

荷物が重いから階段がしんどいだけで、本当は体力あるのよ!と態度で示したかったが荷物がなくとも階段はきつかった。

(かなり楽にはなったけどね。)

上りきったところで荷物をもらって、みんなで進む。

 

この方たちはこの辺のへんろ道のゴミを拾ったり、落ちた長い枝を山へ払いのけたりしているとのこと。

かなりこまめにやっているようで、落ちているゴミといってもポイ捨てなのかうっかり落としたのかわからないようなものがたまにあるのみ。

ほとんどは枝。逆になんでこんなに枝が落ちているんだ?

 

彼らとは山に入るところで別れた。

山といっても階段で大半を上ってしまったのか、木のトンネルのような緩やかなアップダウンで歩きやすい。

落ち葉もフカフカだしね。

しかし自衛隊の訓練場の横なのでなんだか緊張する。

笠と杖とおいづるだからどう見てもお遍路だよね、

いやしかしお遍路を装った過激派と思われるかもしれない、

危険品は持ってない、いやカッターとライター持ってるわ・・・

 

白峯寺は山の寺って感じだが、またこれまでとは違う雰囲気。

人がそれなりに来ている感。まああたりまえですけどね。

帰りも木のトンネル。雰囲気がいいですね。もう一度言うけど歩きやすいしね。

 

今日は日中ずっと山の上なので食堂へ。

四国来て初めてうどん食べたよ。うまいね・・・。しみるよ・・・。

そういや温かいもの自体、昼にあんまり食べてこなかった。

店を出ようとしたが、店のお婆さんが連続テレビ小説に熱中しているので気配を消して終わりを待った。

 

根来寺は何やらおもしろい寺だ。

何がおもしろいかと言われても説明できないが、これまでにない個性がある。牛鬼もいるしね。

ここふたつは個性派だと思う。

 

納経を終えたところで昨日のお先達氏に追いつかれた。

一緒に納経所へ行ってびっくり。

納経帳はもはやはんこ捺してもわからないくらい真っ赤だ。

100回くらいまわってるんじゃないかね。

 

山を降りながらいろいろな話をした。

途中、盆栽の畑があり「盆栽ですよ」「おもしろいですね」「盆栽ってこう栽培するんですね」などと言いまくっていたが向こうはクール。

よく考えたらこの人納経帳が真っ赤になるほど周ってるんだからそんだけこの盆栽畑を見てるわけよね。

おほほほ。恥ずかしい。

 

下山してしばらくして、私がATMに寄らねばならず別れた。

私はぐうたらな遍路なので、私が明日宿を出る頃にはこのお先達氏は既にどこか打ち終えているだろう。