クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

それはできるだろ・・・

先日、オペさんを現地で束ねている先輩から問い合わせがあった。

「この電気図は何時間くらいかかりますか?」

 

電気図?

電気は私のチームで担当することになっている。

オペさんが現地で直接受注したのかな?

とりあえずデータを確認すると、電気ではない。

電気ではないがやや特殊な図面。いずれにせよこちらの担当分野だ。

そして図面枠に日本の地名が書いてある。

 

おかしいと思って確認すると、どうも本店に見積依頼が来ているらしい。

しかし業務の分担では、どこに見積依頼が来ようと

こういう図面はこちらに回してもらうことになっている。逆も然り。

こちらのチームでやれば、先輩に聞くまでもなく見積が出せる。

「こっちで受けますよ、先輩見積もらなくて済むし」

「本店の人からしたら仕事奪われたみたいな感じになるのでは・・・」

「いや分担の意義・・・」

「まあ穏便にやってくださいよ」

 

そんなわけで本店に連絡した。

「いま○さんに見積依頼出してる案件ですが、分野としてはこちらの担当になるので

こちらで引き受けますよ」

「本店でやるのとそちらでやるのでは何か違いますか?

OPさんは同じですよね?」

 

おおう。

だから、分担の意義は・・・。

 

「こちらの担当分野で、同じようなものの経験もあるので

手配資料作成、質疑の洗い出し、チェックなどはこちらの方が速くて正確だと思います」

「OPさんは同じですよね?」

「同じですけど、こちらで指示出した方が混乱がないのと、○○図はこちらの担当なので」

「それちょっとの差ですよね?売上が足りないので渡したくないんですよ」

 

だから、分担とは・・・

 

ちなみにこちらへ来た本店の担当分野のものは本店に回している。

マネージャーと相談し、「図面の種類を営業報告に書かない」ということで

(効率の悪いことをあえてやっているわけで、後で問題になる)

向こうにやってもらうことになりました。

 

 

翌週。

客先から仕様書が届いたらしい。

というのも仕様書がこちらへ送られてきて、「意味がわからないので教えてください」とのこと。

すげえ丸投げ。

ここの意味が、とかではなく意味がわからないと。

どことかではなく教えてほしいと。

 

読む気ないだろ。

専門的なことは半分も書いていないのだ。

半分以上は本店でやっている案件に添付されてたっておかしくない内容だ。

 

しかしわざわざ本店と対立する必要もないわけで、

ここは今回の業務に関係ない、ここは関係ある、これはこういうこと、と説明を返した。

これがいけなかった。

 

次に単位の表記をどうすればいいのか?

なんとタイプしたらこの文字が出てくるのか?

図枠ってどうするの?

・・・とまあこれまで一体何の業務をやってきたのか疑問に思うような質疑がばんばん来る。

君の直属の上司に訊いてくれ。

しかも半日置いといたら「さっきの質問ですが、どうですか?」とSkypeや電話が来る。

「図枠はCADないなら仕様書を画像に変換してトレースしかないです」

「できません!」

「もちろんオペさんに書いてもらうんですよ」

「図枠はこっちで作りたいんで、似たやつないですか?」

「○○社とか☆☆社のフォルダをあたってもらうと入ってると思います」

「探せないです!すみませんがデータを送ってもらえますか?」

 

ねえ、分担の意義・・・

つーか「探さない」って即答してんじゃねえよ・・・

 

そして数日後。

結局オペさんにテンプレートをつくってもらったらしい。

というのも、テンプレートがメールで送られてきまして。

「大丈夫かどうかチェックしてください」

たとえばバルブの種類によってサイズが違うとかだろう、と

ちょうど手が空いていた人にチェックを頼むことに。

「どうです?」

「サイズとかはまったく問題ないですが、文字がちょっと・・・」

確認すると確かに日本語がおかしい。

仕様 が 任祥 とかになってる。しかもひとつじゃない。

こんなもん出したら失注だよ。

オペさんから上がってきたのを確認せずに寄越してきたぜ。

 

いやいやいや、専門的なことはこちらで助けても(こっちの売上にならないんだけど)

日本語の間違いとかはそっちでできるだろ。

そっちの売上に対してこちらで工数割くなら、最小限に抑えようとしてくれよ。

 

挙句、その日の夕方

「あのチェックどうなりました?2枚だけなんでもう終わってますよね?ください!」

 

うおおおおおおおお!!!!