クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

カジュアルでいこうぜ?

私は仕事でよくベトナム人と話す。

といってもベトナム語が話せるわけではなく、ベトナム人が日本語をがんばってくれている。

まああれだけ発音がいろいろできるのだから会話が成り立つ程度の日本語(キーボード)なら簡単な部類だと思う。

 

相棒・T氏

山崎まさよしの曲に「Mr.Tのリベンジ」というのがあって結構好きなんですが

当然太郎ちゃんでもタケシ君でもないT氏と一緒に仕事をしています。

 

いつもSkypeのチャットでやりとりをしていて、

入り組んだ質問はGoogle翻訳だろ!って謎の文章で来ますが

基本的には問題ない日本語で来る。

あと日本語が間違っていても独特の言い回しには慣れています。

「教えてください」が「教えてお願いします」だったり。ですますが違ったり。

 

唯一気になっていた間違い

T氏の日本語、唯一気になるのが「ごめんね」が「ごねんね」になっているところである。

恐らく向こうの日本人に言われたのを音でそのまま覚えているんだろうし、

声に出すと違和感はあまりないので誰も指摘しないのだろう。

 

「急ぎの物件が来ました。明日依頼した時、15日に完成しますか?」

「スタッフは皆仕事がありです。16日AMいいですか。」

「わかりました。正式な依頼が来た時、また連絡します」

ごねんね!

 

最初はタイプミスかと思ったのですが繰り返されるので本当にごねんねのようです。

 

どう指摘すべきか・・・

しかしこれ、指摘が難しいんです。

状況としては無理なお願いをする→無理です(悪くないけど)すみません、なわけ。

 

ここで単純に「ごねんねじゃなくてごめんねですよ」と言ってしまうと

なんだかお前の礼儀がなってない!的な雰囲気になってしまいかねない。

T氏はやたらと礼儀に敏感なのだ。

そもそも謝ることではないので(既にしている仕事もこちらが頼んでいるのだから)難しい。

あと「ごめんね」じゃなくて仕事なので「すみません」なのですが、そんなこと言ったらますます勘違いされる。

しつこいけど謝ることじゃあないし、ごめんとすみませんを彼はちゃんと使い分けている。

 

というわけでT氏と会話する私と同僚は困っていたわけです。

 

解決したけどさあ

何度かちまちま話し合い、じゃあもうこっちが「ごめんね」って言うしかなくない?ということに。

 

「芝浦さん。13:15の質問はどうですか。」

「すみません、見落としていました。いま回答をサーバーに入れました。」

「確認します」

「遅くなってごめんなさい

こんな感じで数日間ごめんなさいを言ってみました。

 

このおかげでT氏の日本語、無事「ごめんね」へ!

・・・なんですが、どうやら私と同僚はこういうカジュアルな感じに切り替えたと判断されたようで。

 

「ありがとう!助かった😎」

 

絵文字登場。for businessでも絵文字出せるんだね・・・。

いやいいんだけどね、いいんだけど・・・。

この会話を見ているはずの向こうの課長はどう思ってるんだろう・・・。

電子化も良し悪し

これまでExcelで入力していた出勤簿ですが、電子化されることになりました。

これで私は日々の残業申請のとりまとめや月末の出勤簿回収をせずに済む。

とりまとめがなくなったことで作業時間が15分ほど浮きました。

 

ところが問題がありまして。

私のパソコン、いろいろなソフトが入っているので立ち上がるのが超遅いんです。

よってこれまではアナログ作業を先に済ませ、次にデスクトップの作業、完全に立ち上がったらネットワーク上の作業をしていました。

だから始業時刻の段階でパソコンが起動中でも全く問題なかったのに、これが通じなくなる。

 

もちろんパソコンがやたらと遅い日は後から申請を出すしかないのですが、

毎日そんなことをしていたら間違いなく怒られる。

よって私の出発は10分早まることに・・・。

 

10分だけ、っても朝の10分は昼の30分に近い価値があるわけよ。

もっと言うと会社に早く来たからって単にパソコンの立ち上げが遅いだけなので早く帰れるわけではない。

ひどい話だ。

しかも残業申請を取りまとめていただけなのに、勤怠システムの使い方をみんな私に訊きにくる。

私だって知らねえよ!!!むしろなんで知ってると思った!?

 

ただここで折れる私ではない。

ぎりぎりに来る私を快く思っていなかった上司は喜んでいるだろうが、いつもより10分早く来た私は

・朝食

・家計簿

・体重と朝昼(弁当持参だから既にわかってる)の食事の記録

などを始業2分前までしている。

これまでは始業5分前くらいから働いていたんですけどね。

パソコンが点いてたらとりあえずなんでもいいみたいです・・・。あほらし。

奈良の寺社以外のおすすめスポット

勝手に奈良を応援します

「応援します」と打って予測変換にメガホンが出てきたのに

「おっ、鹿寄せのホルンかな?」と思ったくらいです。

 

地元の私鉄の中吊りに「私は奈良派です」ってポスターがあって、

これは奈良の波来たんじゃね!?というわけで 

奈良には寺社以外もあるんですよということを書いていきます。

あ!ならまちは書かないよいくらでもガイドブックあるから。

 

1.大和西大寺駅の窓

難易度:☆

これはまあ簡単です。

近鉄線の路線図を見てほしいんですが、西大寺は奈良における交通の要所なわけですよ。

近鉄奈良から京都へ行くとき、

「なんだかよくわかんないから難波行きはやめて20分後の京都行きにしよう」とせず

西大寺で乗り換えたら早いかもしれない。座れないけど。

 

そんな西大寺ですが、線路が全部地上なのでとにかく踏切が開かねぇ(元・在住者)

・・・じゃなくて線路を行き交う大量の電車と大量のポイントがあり

ポイント鉄?転轍機鉄?の間では有名なのだそうです。

 

駅のホームから階段を上がってtime's placeをまっすぐ奥に進むと

この慌ただしい西大寺のポイントをわりと近くで無心で見られるコーナーがあります。

これは鉄じゃなくてもおもしろいですよ。一度見たほうがいい。

 

2.おしゃべりな亀

難易度:☆☆(並んでるときがある)

で、いきなり飯屋。通称おしゃ亀。

 

おしゃべりな亀 (おしゃべりなかめ) - 近鉄奈良/喫茶店 [食べログ]

 

柿の葉寿司とそうめんはすでに有名だ(し、食べる店はあまりない)からそれ以外の話。

オムライスが種類豊富で高くなく、30代以上の心にフィットする店内の雰囲気。

以前車が爆走してニュースになったひがしむき商店街にあります。

半地下というのも掘ったら出てくる奈良では珍しいスポットです。

だからなんなんだよ という話ですが、10年くらい前までは店員さんが複雑なメニューを伝票なしでさばいてたんですよ。すごい。

 

3.fluke

難易度:☆☆(見落とす)

こちらも飯屋。いやカフェか。

同じくひがしむきにあるのですが、とにかく猿沢池側(山側)を見ながらゆっくり歩いてください。

入口が超狭いので高確率で見落とす。

ただそのおかげか?あまり混まない。

 

FLUKE (フルーク) - 近鉄奈良/カフェ [食べログ]

 

ここのランチが満足できるボリュームでして(雰囲気のわりに多い)、

しかも謎の多国籍食ではないので安心。

こちらは観光地にありがちなオープンな感じではなく、ひと息つくのに最適です。

 

4.平城宮跡

難易度:☆☆☆(めんどい)

西大寺と新大宮の間にある草原。

西大寺からチャリ(南口にレンタサイクルがある)かバス(少ない)でいけます。

個人的にはここ行かないで奈良行った気になるのはもったいないと思います。

 

展示物も若干ありますが、宮跡をほぼただの草原に仕上げる奈良の謎スタンス。

しかも完全な草原とするのかと思いきや普通に近鉄が突っ切っていたりするところが奈良らしい。

線路をどうやって敷設したのか気になりますね。

朱雀門大極殿もサイズが現代人のセンスではないから間近で見ると圧倒されます。

 

5.十津川温泉

難易度:☆☆☆☆☆(県内からでも日帰りは難しい)

とりあえずYahoo!とかで奈良県の市境がわかる地図を見てほしい。

平成の大合併とか無視して「分割すれば?」ってくらいでかいのが十津川村である。

なんせ日本一大きな村。

 

八木または五条から日本一の長距離路線バスに乗り、日本一でかい村へ行くと

源泉かけ流しの温泉があります。

この温泉がね、普通の路線バスで4時間揺られようとまた行きたくなるしおすすめしたい温泉なのです。

 

昼にはバス終わっちゃうし終バスでも着くのが宿の夕食直前なので

関東からだと3日行程が現実的です。

日帰り入浴なら1本目で行って最終バスで新宮へ抜けるという鬼行程もできますが・・・。

バスは途中でまさかの休憩をするので日本一高い谷瀬のつり橋にも寄れますよ。

 

6.天理

難易度:☆

寺社じゃないの?って話ですがまあ神道・仏教ではないので・・・

とりあえず他にない街歩きスポットです。

普段馴染みのない宗教都市というのはなかなか楽しい。

独特の建築物を味わいながら普通に勧誘されずに怒られずに歩けます。

(変な撮影とかしたらまずいだろうけど)

せっかくなのでそのまま石上神宮→山の辺の道で桜井ってのはどうでしょうか。

山の辺の道は天理~桜井がとてもいいですよ。

 

 

というわけで寺社以外にも見所はありますので

ぜひ何度も奈良へ行っていただければと思います。

ブスのことを考える

まあまず私はブスである。

子供の頃は結構気にしていたのですが、よく考えたら気にしたところで美人になるわけがないのでやめた。

猫背とか肥満とかは気にして生活習慣を変えたら高確率で直りますが(直してないけど)、

ブスというのはなかなか直らないし、気にするのに飽きた。

人生にはブスに悩むより他にしたいことが山ほどある。

 

ブスを差別するなという声の違和感

 

一方で私は頭が悪くはない。多分。

ろくすっぽ勉強せずに滑り止めとはいえ公立大学に行けてしまったし、

就職活動では筆記試験の勉強をしたことがなく落ちたこともなかった。

(だから毎度面接に呼ばれてはクズが露呈して7桁の金が飛んで行った)

でも大学には「努力の末この大学に入りました!!」という鼻息荒い人が大勢いて、

SPIに頭を抱える人はもっといた。

みんながSPIの勉強をしていた時間、私はライヴ行ったりして遊んでいた。

 

というわけで頭はしっかり差別されているのです。

頭いい奴が偏差値低い大学を選べることも、

頭悪い奴が予備校に金払って叩き込んでもらって解決し、金のない奴はそれもできないってのも顔と同じ。

それどころか勉強は何か言おうものなら貧乏でポテンシャル超高い人が「努力が足りない」などと言うのだ。

恐ろしい世界である。ブスの皆さんも言ってないか?「勉強しないからだよ~」って。

 

それに比べたらブス差別なんて努力の余地がほぼない分優しい。

だから差別するなって話ではなく、

需要に対して供給が足りないならふるいは存在するよねということ。

 

ブスのニーズ

 

しかし単純に劣る奴が負けて泣くという話では済んでいないのがブス問題である。

原作すら読んでないのであれですが、最近の話なので一応。

 

 

このクレームはいかれている。

「ちょうどいい」だと男から適当に扱われるから良くない、「ブス」という表現も良くない。

交流してみたい相手が接しやすいように自分の個性を生かしつつ印象や考え方を変えるって、就職活動みたいなもんだけど

それをブスがブスという個性を生かしてやるのはだめですって。

要はブスはブスにずっと悩んでろ!と。

 

これがもし「ちょうどいい美人」だったらプチプラ化粧品のキャッチコピーにもなれそうなのに、

ブスだと男に弄ばれることが一般的なのはなんでだ?

 

主観だから仕方ないんだけど、又聞きじゃなくて自分の知り合いで

本人が顔面ゆえに弄ばれて不幸になってばかりのちょうどいいブスってそんなにいるの?

ブスは弄ばれると断言できるほど何人もいる?

身の回りに弄ぶ男が大量にいる環境の方が問題だと私は思うけどね。

 

どうかブスには夢をつかみかけては転んでほしい!事あるごとに容姿で悩んでほしい!という理想を押し付けすぎではなかろうか。

そもそもちょうどいいブスがそんなに沢山いたら本書かねぇだろうが・・・。

 

表現がまずいというのも、仮にブスという言葉が消滅したとして、ブスは消滅しないんだから次の表現が登場のよアホ!

ちなみに私の言われてた悪口は「顔!」よ!!

顔って言葉、消滅しないよ!

 

ところがブスはブスに厳しい

 

さらに問題がありまして、ブスが結構ブスに厳しいんですよ。

特に努力で這い上がったブス。

やれ頭が悪い、仕事がしょうもない、性格が悪い、妥協しすぎ、努力が足りない等

顔以外のところを叩きのめしにかかる。

楽しいブスは稀(そしてそれは自分一人)でなくてはならないという信念があるのでしょうか?

 

ブスカテゴリから脱出だ

 

ブスと美人だったら美人の方がいい。それはたぶんそうでしょう。

ただ不器用と器用なら器用な方がいいし、肌が強いほうがいいし、頭がいい方がいいし、朝に強い方がいいし、実家が裕福な方がいい。

どうしようもない優劣はいくらでもある。

 

美人が勝った「容姿で優劣ついた場所」にブスがわざわざとどまる意味はあるのか?

自分はブスだということで結論は出てるわけですから、それを具体的に解決する気がないのなら次の判断をした方がいい。

 

ちがうよみんな魅力的だよ!ということではなく、それはそれとして世の中には他にいろいろなことがある。

ブスはみんなのアイドルじゃないんだから、各種要望はスルーしたらいい。

一度は仕方ないが、早く脱出した方がいい。

あまくさを食おうぜ

この時期になると私が探し回るものがある。

 

こいつ。

f:id:zuborasii:20190219081623j:image

 

「あまくさ」という柑橘で、ちょっとお高いのですが

近所のスーパーでは比較的安定して売られているので、

きっと私のようなヘビーユーザーが一定数いるのでしょう。

写真ではわかりにくいがほぼ球体です。

 

あまくさとの出会い

 

あまくさに出会ったのは十数年前、私は当時四国遍路真っ只中で

愛媛の松山あたりを歩いていました。

(あの辺の札所がいっぱいあるエリアね)

道中で立ち寄ったコンビニでお接待してもらったのがこのあまくさである。

「皮は剥きにくいですがとっってもおいしいんでぜひ食べてみてください」とのこと。

 

確かに皮は剥きにくい。

あの、私は家に帰るわけじゃないんですが・・・なんて思いながら

どうにか皮を剥いて食べた。

 

え、うま!!

 

うっま!!!

 

しかもこれ、四国という柑橘ランドで散々みかんぽんかん文旦食って3県めの愛媛、

もう柑橘食うセミプロみたいになってたのに超うまい。

 

以来ずっとあまくさが安定的に食えないものかと願っていたのです。

スーパーに年に数日?売っているのは見たんですけどね。

その日買わないと次行った時売ってない。

 

あまくさの魅力

 

そんなあまくさのどこがいいかというと、まずなにより味。

糖度はやや高いくらいですが、薄皮の主張がほぼないので

甘みが差し引かれずにひたすらジューシーで食べやすい。

果肉も柔らかいし味が濃い。

「ジューシーな果物まるかじり」という幸せなイメージがそのまま具現化されたような感じ。

汁さえ気にしなければ房がつながったままで丸ごとかじれる!!

 

そしてサイズが程よい。満足感はあるが食べ過ぎた感はない。

あと皮が頑丈だからか、おいしさが長持ちする。

 

産まれは名前のとおり九州らしいのですが生産は愛媛が一番多いそうです。

 

  

 

スーパーで見かけたらぜひ買ってみてください。

私は3月に頂いたので今が旬なのではなかろうか。

したことはされるのだ

いきなりですが、私の上司は若干・・・いやかなりおかしい。

しかしまあおかしい人がいない職場なんてのは不可能ですから一人で勝手におかしければいい。

 

上司の身勝手な怒り

同期は彼女のパワハラで辞めることにしました。

辞めるんならもらうわ、と、担当者交代の連絡をした後すぐに客先にもらわれることになった。

まあ当たり前ですけど同業他社に転職するのは禁止とかとんだ不義理だとか言ってきたらしいのですが、

そもそも彼女が退職予定すらなかった同期を他社から引き抜いてきたのね。

 

その他にも引き抜いてきた人はたくさんいる。

自分は散々やってきたのに自分がされたら怒る。

やってきたのに、ではなくてやってきたから、かもしれないけど見ている側からしたらずいぶん勝手な話である。

都合の悪いことは忘れるというメンタリティは非技術者ならではだと思う。

(これを我々がやったらお家に帰れなくなっちゃう)

でも忘れなかったほうが怒りでエネルギーを浪費せずに済んだのではなかろうか。

 

で、引き抜かれた(退職を願い出た後だからそもそも引き抜かれてないんだけどね)ということは

金なのか時間なのか態度なのかわからないが、とにかく彼女を買い叩いていたということよ。

転職というエネルギーを使ってリスクを冒してでもヨソがいいわと判断されたのだから、

怒るゆとりがあるならどうすりゃいいか考えたほうがいい。

 

金か時間は要る

上司は某大企業出身で、その企業の中がどうなっているかは知らんが物事の習得に時間をかけない。

自分がかけないのはいいことなのだがそれを人にも要求する、というか決定して事業計画を作ってしまう。

で、それを全く遂行できない平社員に「私の前の会社は〜」と説教するのだ。

 

しかし大企業というのはまず洗練された研修体制があり、

うちらのようにOJTという名の実質研修なし状態ではない。

っていうかあまり大きくない親会社ですら3か月も研修して、そのあとOJTなんですよ。

そしてそれを受ける(受けてないんだけど)側も向こうは一流大学の成績優秀者(上司談)。

ってことは頭のつくりが違うし、勉強して習得するということに抵抗がなく効率的にできる。

で、こちらは上記のような言い訳を垂れる私みたいな奴ばっかり!

 

優秀な人がなんでうちには来てくれないの?というと、

これはもう給料が安いからである。

私みたいな文系かつほぼ未経験で入社してこれだけもらえれば御の字ですが、

努力してきた人には努力というコストを回収させられるだけの給料は出さねばならない。

それが無理ならやはり習得に時間がかかるのは仕方ない。

結局自分が金を出し渋るから時間を理想(想定なんて呼んでやらねえ)より多く払わされているのだ。

某人材会社から「年収200万円くらい上げてから出直してね」って言われたの知ってんだぞ私。

 

似たような昔のこと

実は似たようなことが前々職でありまして、今回それを思い出しました。

 

私の先輩・A氏は当時家庭内別居中の人妻だった。

しかし同じく先輩・S氏の猛アタックによりグレーな協議離婚、退職、

そして超ギリギリのでき婚をした。

 

ところがその3年ほど後、私の携帯電話に第二子妊娠中のA氏からメールが来る。

「私の夫は妻の妊娠中に後輩(女)を食事に誘うような浮気野郎です」

まず前提として、S氏は既婚者にアタックをかけたような人なので

婚姻というものの認識が人とはちょっと違う。

だから当たり前といえば当たり前。

 

で、自分も結婚前とはいえ似たことやってんのよ。

既婚の上司と腕組んで野球観戦してたとか、

物理的におかしな方角から出勤してきたとか(朝早い仕事だから目立つ)。

その破局のとばっちりを食らって上司からシカトされるようになったからいろいろ情報が入ってきて知ってるよ私。

 

「あなたら夫婦ならさもありなんという感じですね、申し訳ないですが想定内です」なんて返せるわけもなく、

かといってとばっちりの恨みもあり、結局返信しなくて私は友人を一人失った。

 

 

やはり自分のしたことはされるのよ。

されても平気な人が結局そばに残り、そういう人はしても平気だから自分は平気でされる。

だから私みたいなクズの周りにはクズな方が多数いるわけよ・・・。

ガールスカウトの話2

前回の続きです。

もう少し具体的な話を。

 

活動の頻度は?

これは部門(年代)と団によって様々。

小学生までは土日の活動。日曜が多い。

聞いていて多いのは

・月3回、半日(うちはこちら)

・月2回、朝から夕方まで

の2パターン。

もちろん前者でも料理をする回は午後までかかります。(年に数回ですが)

皆勤賞・精勤賞があるくらいなので(団による?)、毎回行かないと怒られるわけではない。

 

中学生になると、やはり日曜が多いけれどもテスト期間は集会を控えたりとばらつきがあります。

 

高校生は平日夜とか土日とか、もうほとんどリーダーと自分達で予定を組んでいきます。

その年のメンバーの部活次第。

行事の企画・進行も多いので、直前になると週3とかで集まったりもする。

 

受験等と両立できるか?

「休団」という制度があるので、受験生はそれで休んだりします。

その時期は活動費の負担がなくなる(団によるかも?)。

どの段階でも「あー受験かあ」で反論はされない。

 

いくらかかるのか?

これも実は団によってまちまちなようで、

・入会金

・保険料

・登録費

この辺は同じなのですが

・活動費(パトロール費という)

・拠点でかかる費用(たとえば信徒とボーイとガールの三者会とか)

・キャンプ参加費

・県、地方、全国など団と地区以外の行事(任意参加)の参加費

が別途かかります。

とはいえその辺の習い事と同じくらいまたは低いと思いますよ。

海外派遣とか行くなら話は別ですがね。

 

あと制服代。

リサイクル品も団にありますが、運次第なので団の人に聞いてみてください。

いずれにせよ帽子と靴下と技能帯(式典の時に肩にかけるやつ)は買うことになると思います。

面倒なことに普通には買えないので団の人に訊いてください。

 

何のためになるの?

これもわりと訊かれるが、難しい。

入団者を誘うときに言いたくて高校生や大学生に訊いてもみんな詰まる。

そして言うのは「何のためと言われると具体的には何のためにもなってないけど、何かのためにはなってるよね」

 

しかし私も似たような感じでして、いや全体的に効くというか、

家事でも仕事でも言われてみればこれがスカウト時代の経験の賜物なのかと思うことはある。

 

保護者は何をするの?

団委員会というのは必ずあり、そこで予算を決めたりします。

あと資格取ってリーダーになることもある。

これも団によります。

地域行事の奉仕が多い団はその行事担当を立てるよう実行委員会から要請されたりするし、

拠点の掃除当番があったりもする。

 

テンダーフットはうちの団に設けていないのでわかりません(リーダー不足)が、

ブラウニー(〜小3)は集合・解散場所までの送り迎えが必要。

拠点か、拠点の最寄駅ぐらいなのでそんなに遠くはない。

集会中は付き添う必要がないし、

当番で見ているというのも基本ありません。

 

ジュニア以上は送迎不要。

ただし任意参加の大きな行事(県単位のキャンプとか)では集合場所まで送迎必須になることもあるようです。

団のキャンプはわりとみんな送迎に来てますね。荷物多いし。

 

シニアより上になるとさらに送迎の義務は減ります。

私はシニア以降だとレンジャーのとき、都の海外派遣の見送り(成田空港)が最後。

出迎えは任意でした。

 

 

これでよく訊かれることには対応しきれたかと思います。

皆さんもどうですか。シニアから入る人とかも結構いますよ。