クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

水筒にいらいらする

またガールの話。

 

事の発端は10年以上前に遡る。

 

キャンプ用品にはいろいろな条件があり、

新年度の保護者会で指導者が説明している。

レインコートはこんなの、消毒袋はこんなの、パッキングの方法などなど。

当時はAちゃんが説明係をしていた。

もちろん自分のキャンプ用品を見本に、

こんなやつ、こういう条件、ちなみに私はこれです、という感じだったと思う。

 

その中に「水筒」があった。

 

キャンプ場では水が生水なので毎朝麦茶を沸かして各自の水筒に入れる。

なので水筒は魔法瓶ではないかつ熱に強いもの、という条件だった。

半数以上の人が金属製の縦長のボトルだったが、

Aちゃんが使っていたのは昔ながらの編み上げの袋がついた平たいものだった。

当時、魔法瓶でなく熱に強いものとなると

手近なところで買えるのはこのタイプなのでまあそんなもんである。

 

彼女より少し上に人数の多い世代があり、

その影響でシュラフなどお下がりが足りず

登山用品店に行かねばならない人ばかりだったので

お下がりが得られた彼女とはそういう差もあったと思う。

水筒だけのためにわざわざ登山用品店に行く必要もないしね。

 

それが影響して、彼女が説明した世代は平たい水筒が多かった。

みんなでキャンプに行くからそういうのやめたほうがいいのに、

新入生の保護者方はお揃いで購入していた。

 

で、実はこのタイプ使いにくい。

お茶を入れるときに子供だとじょうごが必要になるし、洗いにくい。

よってキャンプには不向きなのだ。

 

 

ところが、「条件を満たすものが結果的に編み上げタイプだった」のが、

いつのまにか「水筒は編み上げタイプ」に変わっていた。

 

なぜなのか・・・。

 

 

上の世代の保護者に訊くと

「近くで売ってるのだとこれだった」

「Aちゃんと同じタイプならとりあえず間違いないと思った」

と返ってくるが

Aちゃんが説明担当でなくなったあたりから徐々に

「こんな感じでと言われた」

「この形って聞いた」

「不便だと思ったけどこの形って指定があった」

になっていく。

 

最終的に今年は「平たい昔ながらのタイプで」という指示が出たらしい。

何してんの?

昨今のアウトドアブームで細長いボトルも普通に入手できるようになった中であれを指定。

もはやレアだ。

保護者は混乱する。

 

「本当にこのタイプじゃないとだめですか?」

と質問があり

「この形(袋付きの金属製という意味)ならば多少違っても大丈夫です」

などと最悪な返答をしてしまったらしい。

まさかの口が狭いプラボトルを買った人が出てきた。

まあ確かに形は同じだけど。形の意味が違う。

熱に強いってのはどこ行ったんだよ。

 

そこで「なんか最近売ってないらしい」という話が出てきた。

「そもそも私がスカウトだった頃はみんなこの形(細長いボトル)だったんですけど

どういう経緯でみんな毎年使いにくい使いにくいと言いながら平たいやつ買ってるんですかね?」

「・・・」

「私が知らないだけで平たいやつなら防げた事故でもあったんでしょうか」

「ガールの公式の水筒がこのタイプだから」

 

意味がわからない。

ガールの公式の水筒は私の頃からあったが、私の頃からかなり不評で

私と同い年の子が何人か買って「こりゃだめだ」となり

以降団では誰も買っていなかったはずだ。

というか今は売っていない。いつの話をしているのだろう・・・

「昔からガール公式のは不評でしたし、

必ず公式のもの買えなんて話は全くないですし、

もう今年から細長タイプを見本として見せましょうよ。

また混乱しちゃいますよ」

 

「でもこれまで平たいタイプで説明してきて不便な思いさせてきたから

今年も一緒にしないと前の学年がかわいそうだし

平たいタイプで説明しますね」

 

ん?

 

なんだそれは????

どういうこと??

上級生が苦労したから下級生も苦労しろってこと?

昭和の運動部か?

 

子供のためとは大義名分、

本当は自分が「去年までの説明はなんだったんだ」と詰められたくないだけだろ。

 

「しかし現実に入手できないならこういうのもありますって案内が要るんじゃないですかね」

「でも今amazonでも買えるわけだし」

そこまでして上級生に合わせるのか?

もしやメーカーからバックでもあるのか?

 

結局、とりあえず今年は野営がないし水道も来ているので

水筒はなんでもいいということになったが、

最後に来た一言は

「近年スカウトも減って野営が難しくなってきたので

キャンプ場選びの条件も再検討の時期かもしれませんね」

 

・・・あるのに教えられない水筒のためにキャンプ場の条件を絞るの?

いやキャンプ説明会をどう解釈したかは知らないけど、

自分で考えて行動するのがガールだからな。

だから条件だけ出して抽象的な指示を心掛けるんだもの。

もしや細長水筒に恨みでもあるのか?

 

 

と思いきや次の集会でその人が

「買っちゃった☆」

なんて私と色違いの水筒持ってるんだからもうただのホラーである。

彼女は体調の問題で野営NGだから魔法瓶でいいのにね。

 

あー。超もやもやする。

されども20分

 オフィスが移転しておよそ3か月。

 

遠い!!くそ!!遠いわ!!

 

掘りごたつスペースで雑談も、じゃねーよ。

人が多すぎて掘りごたつスペースどころか会議室すら通常業務の人で半分埋まってんじゃん。

各停駅から8分ってふざけてんのか?なあ?

我が家と同じなんだよ各停駅から8分って。

スーパーがある分我が家のがマシだし、電車の本数も神奈川県のうちの方は倍あるわ。

 

 

実際に多くかかっているのは10*2=20分なのだが、これが意外に大きい。

 

 

朝の10分

これまでの朝は、

5:40起床

6:15朝食

6:30ウォーキング

7:10帰宅

7:21出発

8:18会社着

だった。

 

これが5分縮まると

5:40起床

6:15朝食

ウォーキングは無理、

7:15出発

8:25会社着

になる。

 

じゃあその分早く起きればいいじゃん、という話になるが

そのためには早く寝なければならない。

 

いつもの1.5時間残業で計算してみる。

 

これまでは

19:00退社

20:00帰宅

20:45夕食

21:30フロ

23:00消灯

だった。

 

これも

19:00退社

19:08駅

19:17電車

19:42駅

20:03バス

20:25帰宅

後は言うまい。

 

もちろんこんな無駄なことはしないので

19:15まで働くか19時前に仕事を切り上げるかになるのだが、

とにかく早寝なんて無理なのだ。

 

しかもこれまで使っていた「買って帰る」という手段が完全に消滅している。

匂わない惣菜類を買って帰れるデパ地下のようなものにはかすりもしない。

スーパーもバス停から家を挟んで反対側。

テイクアウトの店は皆無。

 

この20分捻出問題は大きい。っていうか実際20分じゃ済まないし。

 

 

しかもバス、遅れる。

少し遅れてくれたら乗り継ぎもいい帰りのバスは

朝だけよく遅れる。

もちろん10分くらいは遅れても問題ないのだが、それ以上に遅れる。

道もほとんど混んでいないしバスも混んでいないのに

何故かどんどん遅れが増幅する時があるのだ。

 

 

通勤経路を変えようかな・・・とは思うが、

変えるとバスがめんどくさい役員とかぶるという最大のデメリットがある。

 

うーん・・・。

役員、職場近くでの朝活とかに目覚めてくれないかな・・・

2022.5反省

今月で前半終了ですってね・・・

 

あをによしに乗る

連休は大阪と奈良をぶらついた。

奈良は相変わらず寺など寄らずにうだうだしただけだった。

平城宮跡をまじめにまわったけどあれマジでなんで無料なの!?

本物の遺構を生で見られて無料、展示も無料、庭園も無料。

趣味の鉄道ジオラマでも見せられてるのかこれは?

こういうところが奈良よね。食い倒れ着倒れ寝倒れ。

そんで南に行けば石で金とってんだからわけわかんないよね。

 

それはさておき奈良へはあをによしで行ったのだ。

いやー、快適っす。

テーブルの角度もいいし、椅子はすっぽり。30分かそこらでは勿体ないね。

螺鈿風模様はもうちょいなんとかならなかったかとは思うがいいわ。

 

ただ運行開始直後に乗ったので丹波橋とかでめっちゃ写真撮られた。

ホーム側向いて座ってるから超気まずかった。

 

 

謎の増加

仕事の中で、年に5回くらいしか来ないものがある。

普段の私の業務と同じ客先なのでついでに受けているという感じだったが

4月下旬からいきなり大量に来ている。すでに10件以上。

担当者も依頼してきつつ自分で「ほんと多いですよね💦」と絵文字をつけてきたり

笑いながら電話をくれるほどである。

 

理由は相変わらず謎だそう。

数が多いとついでにさばけるということもなくなり、それなりに面倒なのでちょっと困る。

 

猫カフェに行く

保護猫カフェというところに行ってみた。

私は猫アレルギーなので人懐っこく育成されてない素朴な成猫の方が都合が良い。

 

ちょうどでかい声の人が来ていて(どうも保護スタッフらしい)

猫はびびってるのかほぼみんな触られないところにいる。

手ぶらで何もできない私、とりあえず漫画を読む夫。

 

ところが終了時間間際にいきなり猫が膝に乗ってきた。

試しに撫でてみたら喉を鳴らして完全に寛ぎ始めた。

まったく商売上手である。また行こう・・・

 

読んだ本

「お引っ越し」真梨幸子

イヤミスの女王らしい。

救いがない話は好きだが、

それにしても全体的にうっすら気持ち悪いのがすごい。

湿度が高い感じ。

 

 

ダイエットの進捗

-0.3kg

どう記録したらいいのかわからない食べ物をどう記録するのかが悩みどころ。

前も書いたけど洋菓子が危険。

あれマジでそのまま体に蓄積されてね?

どこまでもクレイジーさ

夕方、チームの若い子がいきなり「ふえええ」と言った。

「なんやなんや」

「Aさんが、異動しちゃうんです・・・てゆうか異動・・・しました」

「ふえええ!?」

「いや今普通に帰っていきましたよね?」

 

Aさんとは私が昨年末一緒に食事して「二度とこいつとは会食しねえぞ」と思い、

めちゃくちゃな勤務で部署全体を在宅勤務中止に追い込んだ人物である。

最近えらい愛想悪いなあ、と思っていたら異動が決まっていたらしい。

となると円満異動ではなかろう。

 

 

最近オフィスが移転したことが発端らしい。

そもそもこの人が勤務でやらかす前に移転自体は決まっていた。

在宅勤務を基本として「たまに出社した時に使う場所」ということで

アクセスいまいちだが多用途、というオフィスを探していたのだ。

しかしAさんがやらかしたことにより在宅勤務は原則廃止になり、

オフィスの使用方も契約後に変わってしまった。

 

まあみんな「話が違うよ・・・」となっていたのだが、

一番反発したのはなんとAさんである。

在宅勤務と聞いていたのに話が違う、元のオフィス(隣の部署は残ってる)に戻らないと

求人票がウソだったということで弁護士を立てる、

こんな著しく通勤不便な場所に通わせるなんてパワハラまたは私だけに対する退職勧奨である、とのこと。

 

いやいや。

いやいやいや。

いや、あなたが変なことするからこうなってんだよ。

みんな「あいつが変なことするからこんな・・・」ってなってるよ。

そんで正直あなた社内では家近い方だからな。

 

で、なんか揉めまくって移転前の場所で勤務するために部署も異動しますということになったんだと。

さっぱりわからん。

そもそも経験者採用で入ってて半年経たずに部署異動して未経験者化するって

それこそウソではないのか・・・

(まあ法律上問題ないんだけどね。)

 

上司も上司である。

紹介予定派遣の求人票などという法的拘束力のないものにウソだとか弁護士だとか

そんなものにコロっとやられてしまうとは思わなかった。

あの人がちゃんとしてると思うか?

「雰囲気的になんとかなるよね」で動いてる人の典型ではないか。

 

さすがホワイト企業出身だけあってボケまくっている・・・

管理部にしろAさんの元上司にしろみんなまともな奴しか入ってこない会社しか経験ないからもうだめである。

行政書士取ってやるんだ」などとぷりぷりしていたが、

この問題において取るべきは社労士とか労務管理とかではないのか・・・その辺もボケている。

 

 

もう会わないだろうから別に何もないけど、

彼女が去ったなら在宅勤務復活させませんかね・・・?

遊びたかった!

今月もまたオフ会の予定だった。

オフ会といっても店に入れ替わり立ち替わりという感じで

約束やら予約やらはしなくていいやつだ。

 

そんなわけで週初めからウキウキ。

金曜日は仕事さっさと終わらせて行こうとどんどん仕事も前倒しで進めていた。

夫にも「金曜日は遅くなる」と伝えていた。

 

 

ところが水曜日あたりから雲行きが怪しくなってきた。

まずメール。

「今年度から営業会議が部署ごとに変わりましたが、

売上管理で使用したいので資料は昨年と同じように作成をお願いします!」

 

じゃあ作りますか、と今月のフォルダを見たが

そもそも会議がないから今年度の営業会議フォルダが存在しない。

入力、できない。

毎年取る数値も少しずつ違うし、

どのクライアントを誰の売上につけるのかもわからなければ

貰った予算案がめちゃくちゃで突き返して以来応答なし。

ccの私が騒ぐことでもないので、とりあえずフォーマットが揃うのを待つことにした。

 

 

木曜日。

前倒し納品をすべく、チェックをお願いしていた。

ところがチェックがやたら遅い。

あれが小さい気がする、これは要るのかなどなんだかこれまで気にしていなかったことまで

やたら気にして進まない。

夕方には完成してちょっと仕様を調整して納品できると思いきや

 

「明日の10時には修正終わります」

「データをサーバーに入れといてもらったら修正しときますよ」

「いえ大丈夫ですよ、納期明日ですものね?」

「まあそうです・・・」

 

遠くの島では管理部と隣のチーフが騒いでいた。

「え?フォーマットないの?」

「ないですけど」

「だったらいつも使ってるやつは誰が作ってるの?」

「月報のフォルダに入ってるデータを入力してるだけなんで・・・

ていうか管理部が作ってたんじゃなかったんですか?」

「そうなんだー。何が要るんだろう?

 

え?

何が要るかわからないけど作ってほしい、とは。

最終的な予算も降りてきてないし何をどうしろと・・・

 

 

金曜日。

10時に修正が終わるので客先には12:00納品予定と連絡。

今日の予定はこの納品ともう一件を半分だけ納品。

 

しかし10時になっても一向に完成する気配がない。

12時になり「はー。やっと終わりました」と言い本人は昼ごはんに出かけようとしていた。

「データってサーバーに入ってます?」

「まだです」

「入れてもらっていいですかね、お休みのところ申し訳ないのですが」

「いま要ります?」

「ああはい、もう納品しちゃおうかと」

10時って言ってましたからねえ。

 

昼休みを全て使って納品。

私が朝買ってきたパン見て「おいしそう〜!」とか言ってたけど、

これ買ってなかったから私昼飯なかったわけで。

なあ。1時間予定が3時間って誤差の範囲にはならんからな。

 

半分の物件は無事納品。

と思いきや「やっぱりこうしてほしい」と連絡が。

普段というかこれまで必ず消していた情報をやはり残してほしいとのことで

修正することに。

まあ納期延ばしてもらっていたのでお互い様である。

2時間くらい残業したらできるかしら・・・

 

さらに夕方。

管理部からメール。

「未だに書いてくれていません。今記入してください」

フォルダを開けてみると、昨年のフォーマットが昨年の数値入れっぱなしで入っていたが

加えて普通に月報のフォーマットまで入っていた。

 

ん?

要ります・・・?

 

月報には各データの内容をコピーする必要がある。

で、その月報を編集するのは私含め6人。

これは編集を短時間で済ませないとまずいぞ・・・と月報を開くと

「このファイルは○○(管理部)により開かれています」

おいおい。管理部が書けって言ってんのに管理部で開いてたら誰も書けないだろう・・・

スライドを仕上げて差し替えで対応しようと準備。

 

ところがいつまで経ってもデータを閉じない。

本人にチャットで「閉じてもらえますか?」と言っているが反応がない。

定時を30分ほど過ぎてから「閉じました!すみません!」

「今」とはなんだったのか。

 

挙句上司から電話があり、

「芝浦さん、いつものところまでやってくれたらあと俺やっとくから」

おい。

あとは俺に任せろみたいな感じで言ってるけれども、

いつもの振り分けだとあなたが書いてんのは

自分単独で担当してる項目の売上に対するコメントだけだろ・・・

いろんなところから数値取ってきて按分して月報に貼って二人で受け持ってるところのコメント記入まで私がやってるわ。

 

ようやく19:30に月報終わり。

ここから納品である。およそ2時間。

 

21:30終了として、会場まで微妙に行きづらく40分くらい。

いやもう諦めるよね・・・

バス旅もないし、オフ会もないし、私の娯楽はいずこ・・・

騙されて合コンに行った話

その昔、合コンに一度だけ行ったことがある。

 

そもそも超絶ブスな私、合コンにはまず誘われない。

一応誘われはする。

するんだけど前日に中止になった後中止が取りやめになる連絡を忘れられたり、

誘った子の連絡ミスでその日じゃなくてライヴ行くって前から言ってた日だったりで

行ったことがなかったのだ。

 

恐らく私が座るはずだった席には一般的な顔面の子が座っているのだろう。

「大学生といえば合コン、麻雀、オールやろ」

「合コンはな、彼氏見つけるつもりで行ったらあかんねん」

などとアドバイスをくれたバイト先のチャラ男も

何度も流れるうちに「そうなんや・・・」としか言わなくなった。

 

そんな中で唯一の合コンの話。

 

 

ある日「反省会に行かないか」という誘いを受けた。

誘ってくれたのはつい先日「とげマリーナ」へ一緒に行った友人だ。

 

スピッツは有名なだけあって

スピッツ好きなんですよ」

「私も!ロビンソンとチェリーと空も飛べるはずが好きで、

あの3曲が入ってるオレンジ色のアルバムよく聴きます!」

「あっああ名曲ですよね〜」

という気を遣うやりとりばかりさせられる。

 

しかし反省会ともなればセットリスト全曲振り返れるし、

「とげまる」のツアーだったわけだからとげまるの流れについて語り合える。

反省会をやる熱量の持ち主ならば、PVの観すぎで

「メモリーズ」の「あなたのために蝶になって」のところで首捻るよねとか、

あーとかうーとか言って酒飲んで盛り上がれるということだ。

最高だ。

 

快諾した。

 

当日はとげまるのTシャツか?いやゴースカにしておく?

それだと普通すぎるから夏のやつ?

そしたらもしかしてひたちなかの「海とピンク」最高だったよねとかも分かち合えるかも!?

品川集合と言われるまでTシャツ主体で服装をどうまとめるか迷っていた。

新宿渋谷上野池袋はTシャツでいけるけど秋の夜の品川はちょっと無理だ。

というわけで普通の清潔感ある服で行くことにした。

 

ジャケットの女の子は誰が一番好きか、

各メンバーのどの曲の演奏が好きかなど

想定問答も準備していた。

 

 

そしていざ当日。

友人は薄い素材のワンピースで秋の品川という感じ。

よかったTシャツ着てこなくて。まあ鞄にしまってあるし

Tシャツをあとから着てもまあ許容範囲にまとまる服で来てはいるが。

そのコミュニティのしきたりは行くまでわからんからね。

 

「向こうは○○から来るんだって」

「そうなんだ。いやあ楽しみだわ。スピッツファンの集まりって出たことないからさあ」

 

 

ほどなくして男性2人登場。

「こんばんは〜☆」

オフ会の友人はこういう感じらしい。超フレンドリー。

初対面なら常にいやあはいどもどもすんませんとなる私は感心しきりである。

社会人女性、あらわる。

 

男性が押さえてくれたという店であれこれ注文。

私はじゃこ天と酒があればあとはもうスピッツの話で十分ですよと完全にキモいノリでいた。

しかし酒が揃ったところで友人がいきなり

 

「私、合コンって初めてで雰囲気とかわかんないんですけどぉ、

よろしくおねがいします☆」

 

・・・え?

おい!!!!

 

今合コンって言った!?言ったよね?

私には合コンって言ってた?言ってないよね?

どうりで喋り方が普段と随分違うわけだよ。

社会人はこんなまろやかな喋り方するんだ、じゃないよ。

よく考えたらとげマリーナの時は普通の喋り方だったわ。

いやもう顔面と体型というアドバンテージが十分にあるわけだから、

こんなことでさらに出し抜くと引き立て役通り越してゴミ化するぞ私が。

逆効果だぞ。なあ。生ゴミ添えたハンバーグ、食わねえべ?

良かったよTシャツ着てこなくて。鞄にしまってあるけど。

 

しかし彼女は完全なる嘘をついていたわけではない。

「とげマリーナ参加者が集まって振り返った」のは合ってた。

感想もちょっと言ったし、好きな曲も述べた。確かに私の妄想が逞しすぎた。

ただ合コンて。

得意料理を述べる前にテツヤさんが書く曲のグッとくるさびしさについて述べさせろ。

 

 

結局その後どうなったかは知らない。

友人は別の合コンで相手を見つけて結婚したらしいが

私はどうもなっていない。

なんせ交際相手(夫)がいたのだ。

 

いやほんと判断の分かれるやつは事前に確認しようよ。

どっちかというと行かない派だったよ私は・・・。

煮えてないLINE

ガールがめんどい。

いや活動は面倒ではないし、その準備だって大したことはないのだが

準備の準備が超めんどくさいのだ。

 

いつ寝てんのか

問題はLINEである。

 

とにかく一日中LINEが来る。

朝は来ないが夜は1時頃まで平気で来る。

通知は切っているが朝起きて十数件のやり取りが入っているのを見ると

「あたしもう体力がないから(芝浦さん頼むわ)」

なんて言われても白々しいことこの上なし。早く寝ろ。

私より全然体力あるよ。こっちはLINEをこまめに見る体力はない。

それで日中もばんばんLINEやってるわけだからねえ。すごいよ。

 

 

LINEがあるから的な

そもそもなんでそんなにLINEが来るのか。

全ての決め事がLINEで完結するならわかるのだが、

リーダー会もやってるのにばんばん来る。

 

多分「あとはもしなんかあればLINEで」みたいな感覚があるのだと思う。

そりゃあもしなんかあればLINEで連絡するのがいいよ。

だけど「もし」が気軽すぎるのよ。

よくあるネタが

・テントは何回立てるか

・「オユポイヤイ」だけ練習する予定だったが「洗濯の歌」もやった方がいい気がする

・来週の集会用に飴買ってきてほしいな

・雨降りそうだけどどうします?

 

うおおお!!どうでもいいぜ!!!

 

テントなんてその日の出来栄えと時間見て2回でも3回でも立てりゃいいじゃん。

歌も同じだよ。いつも時間余ったらその場で追加してんじゃん。

飴は要らねえ!!いつからこの無駄おやつ習慣ができたんだ?

おかげで私のガール用鞄は飴だらけだぜ?

雨のプログラムは決めてあるから雨降ったら雨プロ。

判断基準もリーダー会で決めてある。

 

とにかく「決めてもいいけどマストではないこと」がたくさん来てうんざりなのだ。

 

 

重要な話も来る

しかし面倒なのが、重要な話も来るということ。

話の流れで「やっぱり集合早くしようか」とかなるのだ。

どうでもいいことを準備するために集合が早くなるというのも腹立たしいが

遅刻は良くない。

この前みたいに解散が遅くなる時もある。

 

また、「お出かけで現地到着予定時間から逆算して集合時間を決める」みたいな

そういうのを決めるためにリーダー会があるような話まで

「後で調べてLINEしまぁす」なんてやったりしている。

すると自分の担当部門(中高生)は現地最寄駅や乗換駅で小学生と合流ということも多く

いつまでも決められない。

 

こういう重要な話が、

「○ちゃん欠席なのでテント2回いけるか微妙ですね😓」

みたいなどうでもいい文字に紛れてしまうのだ。

 

 

華やかでフレッシュな意見

LINEは使いたい時にいつでも使える。いやまあメールもだけど。

 

だからか、「児童館でこんな可愛いクラフトを見つけたので今度作ろう」とか

ふと思いついたことを思いついたまま発言する人が出てくる。

すると、誰かと誰かが同時に可愛いクラフトの候補を見つけることなんて稀なわけで

「他に意見あります?ないね?じゃあ決まりで」となってしまう。

 

議論とか検討とか取捨選択とか、そういったものが吹っ飛んでしまっている。

「これは決めた方がいいかな?」となれば今決めなくても早く決めるに越したことはないので

みんなで決めねばならなくなる。

なんだかばかばかしい。

 

またLINEを自主的にやっているということはそれだけ元気でノリノリなので、

話が逸れると「そういうことは個人のLINEでお願いします」なんて書いてる人が

どうでもいいスタンプを送りまくっていたりする。

「余計」の基準がさっぱりわからん。

 

 

「みんな忙しい中やってんだ」みたいなこと言うけど、

みんな自ら忙しくなりに行っているような気がする。

というわけでまたLINEの未読が170件くらい溜まるのよ。2日で。