クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

オブラートに包むなよ

新人さん(派遣)は介護中である。

こちらもそれを承知で契約した。

 

まず経歴がかなり魅力的。介護中だろうと職場に一人ほしい人材だった。

「こういう人が一人ほしいよね」と前から言っていた。

あと、職場に介護中の人がいなかったので実際どんな感じなのかというのが個人的に知りたかった。

直接雇用だと評価が下がったり契約解除になったりするが、

とりあえず派遣中は私に権限があるので大丈夫。

私は会社経費で将来のための知恵をつけさせてもらっているので切らない。うまい話だ。

 

しかしまあそれにしても休む休む。

全く問題ないのだが、びっくりするくらい弱い。

本人の大変さを無視すれば正直笑ってしまうくらい弱い。

少し寒波が来れば体調を崩すのだ。

大体週1ペースで遅刻か休みである。

 

介護と仕事の両立が難しくて離職、とはよく聞くが

ここまでとは思いもよらず。

そりゃあみんな脱落するわ。というか彼女パワフルすぎるだろ。

 

 

と、ここで思い出したのが前にいた人の話。

奥さんも子供を預けて働いているとのことだったが、

職場復帰してしばらくは「まともに出られた週がなかった」と言っていた。

 

それまで私たちがよく聞く「育児/介護で仕事に穴を空けることもある」ってのは

空けることがある、なのだからせいぜい月2〜3回のイメージだった。

毎週休みというのは「こともある」ではない。「まともに来れない」だ。全く違う。

 

どう違うかというと、私の職場でいえば

前者なら手配師、客先窓口をやる(私と同じ仕事)。

バックアップに同僚か先輩か、本人をさしおいて判断できる人をつける。

後者なら手配師の手下をやる。

手配師のやる工程管理は別の人がやる。

作戦を練るのや質疑の回答作成は任せても、外部とのやりとりだけは別の人がやる。

体制が全然違うわけ。

 

 

これ大問題だと思うのよ。

言い出したのが介護する側なのか同僚なのかは知らないけど、

ここオブラートに包んじゃまずいだろ。

「働くな」という話ではなくて、正直に表現しましょうよという話。

ここの伝達がまずいから、仕事の振り分けがおかしなことになり

結果的に不満が溜まるのだ。

 

やる気を示したいとかなんかあるのはわかる。

でもなんで量的アピールをしてしまうのか。

それをまともに受け取ってしまうのか。

新卒の子が「私は適応力が高い」などと大げさに言うのは自分が後から努力すればなんとかなるが、

努力で乳幼児や高齢者の体調が安定させられるならあなたとっくにしてるでしょって話。

仕事ができないほど助けが必要だった人が、

いきなりそんな丈夫になるわけないじゃんね。環境も変わるのに。

 

 

じゃあどうしてこうなっているのかというと、

育児・介護しながらの仕事が少数派だったからだと思う。

カウントを多少間違えても、全体で見たら大した差がない数だったのだ。

例外があっても、ちょっとなら受け止められる。

しかも両立が難しくて辞める人が一番の問題のはずなのに、

育児や介護と両立するにはどうすれば?と意見を伺い参考にするのは

幸運にもなんとかなった選ばれし者たちという謎。

 

PTAの役員なんて、以前は「あの人はフルタイムで働いてるから」と

出席メンバーの中で決めていた。

それが今は「欠席したら役員確定なので仕事休みます」。

気を遣っていられない数になって、それに合わせて対応している。

 

仕事がこうなるのはいつなのか。

なったとして、それがいいかは別だけどね。

 

 

個人的には終身雇用だからだめなんだと思うのよね・・・

非正規がかわいそうと言いつつ、

正規がかわいそうな目に遭わないために非正規を用意するのが「良い会社」なんだもの。

2020.12反省

昨年はマジでなんだったのだ。

 

年末進行だよ

さすがに年末らしい感じだ。

しかもオペレーター軍団のエース(チェックしてくれる)がもうすぐ産休とかで、

上がってくる図面がひどい。

いや、産休ならもっと事前に引き継ぎしようぜ・・・。

おたくの産休ってめっちゃ短いじゃん?

 

しかしそれにしても仕事が終わらないし進まない。

謎の会議にやたら巻き込まれ、

蓋を開けてみると実際は隣のチームの人のどうにもならない愚痴聞きというのが3回もあった。

 

マジで本店の考えてることがわからぬ。

こちらが「☆☆は△△いうことだと思いますが、これでは○○というリスクがあるので対策は考えてますか」と質問すれば

「☆☆は△△って感じで考えてます」と返ってくる。

いや○○の方よ。質問は。

 

 

VCが原因だ

VC、つまりベントキャップ。

我が家のドアがとにかく重かった。

こりゃあ何になっても感染が広がらないかもという負圧の家だったのだが

ベランダのベントキャップの防虫網を掃除したら驚くほどドアが軽くなった。

 

よく考えてみたら、入居時からドアが重かったので

これが普通だと思ってたから掃除しなかったの。

室内のフィルターだけきれいにしていた。

でも壁に埋め込んでるものなんで入居の段階で施工からそれなりに経ってるよね。

 

風呂の排水口からトラップを越えて空気が上がってくるのも、

換気扇が超うるさいのも全部解決した。

 

 

てんやが良い

先に言っておくが、地元のてんやはかなり良い。

「今日は運が悪かったな」というのが大混雑以外に全くない。

あといんげんの天ぷらがおいしい。

 

病院帰り、急に天そばが食べたくなっててんやに行ったところ

商品を受け取るときに年越しそばのチラシをもらった。

今年は予約のみになるんです、ということなので後日予約をした。

 

これね、そばがついてくるのよ。生そば。

そばと天ぷらたくさんであの値段なら十分。そばもうまい。

(麺つゆは自分で用意する)

しかも年末の大混雑のスーパーに行かなくて済む。

おせちを外注しているのでほんと行く意味ないのよ。

小松菜も鶏肉も常に冷凍してあるし。

天そばとにしんそばを交互に食べようと思ってたけど、これなら毎年天そばでいいわ。

 

 

ダイエットの進捗

年間 -3.5kg

結局医者から言われた危険水域を脱しただけだった。

効くのは糖質制限と筋トレだな。

体脂肪率にはウォーキングが効くみたいだが、毎日45分は歩かないと効果が出ない模様。

難しい。

今年もがんばる。

 

読んだ本

なし

 

新書を読んではいるが、

日本史の教科書に出てくる世界史を読んでるみたいな感じで全くおもしろくない。

優等生っぽいことして大失敗のパターン。

 

 

今年もだらだらやるしかないな。

なんたってもうどうなるかわかんないぜ。

正月って何してた?

明けましておめでとうございます。

書きかけの記事てんこもりで年越してしまった。

 

正月は自宅だ

正月は夫の仕事もあるので帰省しない。

で、私もこれ幸いと帰省していない。

 

以前帰省したときは

「ドラマ(いわゆる「逃げ恥」)のエンディングのどこかに安住アナウンサーが出てくる」

というのを私に見せたくてエンディングのみを出てくる回までひたすら見させられる、という

謎のイベントがあった。

ちなみに私はドラマにもアナウンサーにも興味ない。

 

そんなんだから40分で帰省できるが帰省していない。

 

なんか暇

しかしそれにしても暇である。

こんなに時間を持て余すことがあったか?

初売りはもともと行かないし、初詣は地元なので並んだとしてもせいぜい往復40分くらい。

でも昼食を作った記憶すらない。

 

で、思い出した。

かれこれ9年前から2日は夫に連れられ大学ラグビーを観に行っていたのだ。

1日はその支度(超寒いから)や、

夫の仕事が前後にあるなら何時にどこで待ち合わせてとかの作戦を練っていた。

2日の昼食は青山一丁目丸亀製麺で食べていたのだ。

 

ところが今年は客席数が半分。

先行予約は全部落ちて、一般発売も買えなかった。

年々客数が増えているし仕方ないが、まさかここまでとは。

 

そんなわけで昼前から仕事の夫を送り出してしばらく

「正月ってこんな暇だっけ?」となっていた。

で、テレビつけて納得した。これ行ってたわ。

決勝はどうなるんだろう。

そもそも実施されるのかという疑問もあるが。

 

初めての休みだった

ラグビーがないなら他の何かを・・・と思ったが、よく考えたら

高校:郵便局のバイト

大学1〜2回:深夜バイトの仮眠

大学3〜4回:地元SCでバイト

卒業1年目:無職で金なし

2年目:仕事

3年目〜昨年:ラグビー

だった。

つまり1月2日の使い方なんてわかるわけがない。

自分で予定を決められるようになって初めての休みなんだもの。

普通は何するんだ?

 

 

また緊急事態宣言も出そうだし、どうしたもんかね。

成人式中止はかわいそうだな。

せめて延期にすればいいのに・・・とか思ったけど、

夏に振袖は倒れちゃうし、

冬場にできるようになる頃には振袖着る立場でない人も多くなってるだろう。

(物理的には着られるが)

手帳を手に入れるよ(4)

本らしくする

まず謎の紙。

あくまで予想だが、

この紙は表紙に本文がやられないためのクッション兼つなぎ目の役割をしているのだと思う。

ってことは厚さが表紙>謎の紙>本文の方がいい。

 

我が家にはカットペーパーがやたらある。

一時期ペーパークラフトのようなものに凝っていたが

コラージュが流行りだしたためロックンローラーとしては続けられなかったためだ。

 

とりあえずこれにしてみた。

f:id:zuborasii:20201227141331j:image

後ろのが全部カットペーパー

 

これに厚紙をつける。片面だけなめらかな厚紙がいい。

っても厚紙がなかなかない。

伊東屋で紙買うときに挟んでくれる(くれた?)あれがほしいよ。

というわけでこれに・・・。

 

f:id:zuborasii:20201227141522j:image

夫の実家に送るはずがもたもたして賞味期限が来た「東京ばな奈」。

甥っ子が大好きなのだ。

※買い直してちゃんと送った

 

f:id:zuborasii:20201227151016j:image

ここで登場。スプレーのり。

紙をベタッと貼るときにシワをなくすには・・・で買ったこいつ。

今使わないでいつ使うんだ。

 

これかなり飛散するので外でやった方がいいかも。

A3くらいの紙を下に敷いてたけど、床が糊だらけに・・・

まあ掃除するしいいけどさ・・・ 

接着力は問題なし。シワもない。

なんとなくくっつきやすそうなグレーの面を謎の紙にベタ貼り。

f:id:zuborasii:20201227154208j:image

 

この厚紙と反対側の根元に糊を塗り、

本文とくっつける。

で、寒冷紗をボンドで背側に貼って完成!!

f:id:zuborasii:20201227154023j:image

寒冷紗を出したついでにレタスの保温もした

 

こんな感じ

表紙。

考えずに貼ったら東京ばな奈が表に来てしまった。

f:id:zuborasii:20201227154829j:image

 

週ごとのページも2色刷り。

f:id:zuborasii:20201227155148j:image

 

f:id:zuborasii:20201227155340j:image

月ごとの会計まとめ、やりたいことリスト、読んだ本リスト。

 

 

年内に間に合ってよかった・・・。

カバーを早くなんとかせねば。

今年の手帳より薄いし、表紙は東京ばな奈だし。

あと来年はもっと綺麗に作りたいな。ひと束8枚は多いかも。

いやそもそも来年は作るんじゃなくて見つけたいのよ。

シャンプーバー、許さん・・・

冬になったので、鏡を見ると自分のアホ毛が目立つ。

私はあまり静電気を帯びない(髪が重いし、肌含めじめじめしている)のに今年はひどい。

たしかに在宅勤務で化繊の服を着ている時間が増えたので

蓄積されている電気があるのかもしれない。

 

私は毛深いので後れ毛が多く、ただでさえもさっとしてしまう。

そこにアホ毛ではもはや適当に束ねて「こなれ感出そうとして失敗した」の方が時短かもしれない。

 

 

しかしよく考えたらアホ毛=生えたての毛である。

静電気で増減するわけではない。

私の髪質が急に硬くなったか、髪が一斉に生え始めたことが原因だ。

そんな急になんかしたかしら、というか髪って加齢に伴い痩せ細るのでは?

 

で、思い出した。

 

そういえばシャンプーバーを使っていたとき、

頭に擦り付けたバーにはごく細い糸くず、いや繊維くずのような毛がついていた。

その時は「大勢に影響なし」と思っていたが・・・

あれで抜かれまくった毛がいま生えてんじゃないの?

ねえ。そうだよ。

前髪の伸びるペースから考えてもそうだし、

アホ毛の根元のエリアで考えてもそうだよ。

 

なんか最近髪が薄く見えるな〜、外出の頻度が減って地肌が白くなったか?なんて思ってたけど。

これもそれじゃん。

たぶんうっすら地肌を暗くしていた毛が持ってかれたんだよ。

 

 

もう「次はないわ」じゃないわ。二度と使わねえ・・・

手帳を手に入れるよ3

さて製本だ

中学生の頃かな、「文庫本を装丁する」ってのをガールスカウトでやったことあるのよ。

どくとるマンボウをハードカバーにした。

その辺の記憶をたぐり寄せ、今の手帳を見て、こんな感じじゃね?というのが、

 

・中綴じの束をまとめる

・表紙と本文の間に謎の紙(本文に微妙にくっつける)

・表紙も含めて背中に寒冷紗を貼る

 

f:id:zuborasii:20201127214823j:image

 

寒冷紗って園芸用のあれでいいのだろうか。

あとしおりのひもがほしいのでそれもなんとかしたいが、

サテンリボンでも挟んでおくことにする。端を焼いたら問題なし。

 

本文をまとめる

まずは折る。

f:id:zuborasii:20201127214853j:image

最後に裁断する作業があるので1枚ずつなるべくきっちり折って、

また同じ束にしておく。

 

紙は今年の手帳より厚いと思うが、ページ数が少ないとやはり薄いね。

 

 

次に綴じる。

千枚通しでも結構きついが、針を通すので小さい穴が開いていたらいい。

その穴に針で糸を通していく。

適当にボタンつけ糸で縫ったら目立ってしまった・・・。

なんでベージュにしたんだよ私・・・。

まあ他の色(緑とか)にしなかっただけ良かったと思っておく。

 

通しつつ他の束とくっつくように絡める。

 

f:id:zuborasii:20201217092446j:image

 

これが意外に面倒だった。

穴から出してまた入れる時に糸を割らないようにしないと

あとで締められなくなって一からやり直しになる。

だから出した糸を張って穴の端に寄せなければならない。

でもあまり引っ張りすぎると隣の穴から出した糸が抜ける。

f:id:zuborasii:20201129161056j:image

 

紙を折って重ねているので、当然反対側がずれる。

揃えないとパラパラめくれない。

ということで揃える必要がある。

 

物差しにカッター当ててスパッとやるつもりが、

紙が多いからかカッターの刃がアレなのか(たぶん両方)全然切れない。

無理に切ったらとんでもないことになり、苦し紛れに紙やすりで削って揃えたが

根気がないのでこのザマである。

f:id:zuborasii:20201129161653j:image

 

あとは表紙と謎の紙と背中だ。

年内に完成するんだろうかこれは・・・

携帯を紛失しかける

パソコンの入れ替えをしている中で、本店から連絡があった。

「そちらでHさんの使用していたパソコンをこちらに回してくれませんか」

これは別にいい。

5台デスクトップ残置のはずが、

そのあと話がころころ変わって結局1台あればいいという話になったのでどうでもいい。

 

そんなわけでHさんの旧パソコンを次の出社時に送りますよということで話がまとまった。

が、

「○○ソフトのサーバー機にする予定なんです」

 

ん?

 

○○ソフトは超重い。

多分私のパソコン(16GB)でもまともに動くかどうかという感じだが・・・

Hさんの旧パソコンは4GBである。

サーバー機にできるのか??よくわかんないけどサーバーってそういうもんなの?

まあ向こうがそういうならそうよね、となったのが火曜日。

 

水曜日。

出社当番の先輩から連絡が。

「T君のパソコン、片付けてあったけど本店からの依頼で接続と起動だけしました。

○○ソフトの関係とかなんとかで」

Tさんのパソコンはスペックが良いので○○ソフトを動かすには十分である。

つまり昨日の「Hさんの」は間違いでTさんのパソコンを送るのだと思った。

 

木曜日。

「Hさんのパソコンですが、今週中に発送してもらえますか?」

「確認ですが、TさんでなくてHさんのでいいんですか?スペック低いような」

話し相手は火曜日に私へ発送依頼をし、水曜日には先輩にパソコン接続させた人である。

「確認しましたがHさんので合ってます」

 

昨日のTさんのパソコンは何・・・?

 

まあいいやとHさんのパソコンの梱包を確認し、念押しで連絡。

「承知しました。では管理番号789の本体を送りますね」

「ありがとうございます。リース番号123456の発送お願いします

 

微妙な返しである。

はいと返事しているようでしていない。怖いわ。

 

まあここまで書くと大体予想はつくと思うが、

リース番号123456はTさんのパソコンだったよ。

 

一体何がどうなっているのか。

昨日合ってたのはなんだったのよ・・・別人格?

台帳内で見間違えることもないと思うのよ。

二人は部署が違うから台帳のシートが分かれてるし、

入社時期も年単位で違うからまとめて登録したわけでもない。

そもそもスペックもメーカーも違う。

 

 

疲れ果てた私は旧パソコンの隙間に携帯を置き忘れ、

金曜日は「やべぇ!会社携帯を家に置いてきた・・・」と勘違いで一日過ごし、

帰宅して会社携帯がどこにもないことに青ざめ、

土曜はずっと携帯を探し、日曜は諦め、

月曜は会社で携帯を鳴らすも自席から遠いところで鳴るから気付かずで

大変な目に遭ったのだった。

あんなところに携帯置いてるのが上司にバレなくてよかったよ。

 

 

到着したパソコン点けて、ログインしようとして出てくるユーザー名(T)を見て

彼は何を思ったのだろう・・・たぶん何も思ってないだろうけどね。