クズは定時で帰りたい

趣味の時間を捻出するブログ

ストレスと個性をつなぐ

面倒くさがりとそうでない人の差

開き直っていると言われればそれまでですが、

面倒くさがりと言われる人とマメと言われる人の差は

苦手なストレスの種類の差ではないかと思います。

※だから別にずぼらで悪いとは思っていませんが

一般的に見下されていることは認識しています。

 

私なんて気をつけないとすぐに特技「部屋を三日月ロックのジャケットに似せる」を出して凄まじい部屋を作ってしまう。

一方でマメな人に話を聞くと「部屋が綺麗な方がいいから」という素晴らしい返答が来ます。

または「部屋が汚いと落ち着かない」とも。

ほんとすごいよ。優等生って世の中にこんなにいたのか。

 

しかしこれは「部屋が汚いというストレスに弱い」ということでもあるわけです。

私は部屋が汚いなんてことではストレスを感じない。

片付けの方がめんどくさくてストレスだし、

散らかした程度ですぐ繁殖するようなありふれた菌には負けない。

(負ける人の方が少ないと思う。)

しかも掃除を頻繁にしない分自分の時間が持てる。

今は「片付けの手間をかけてでも部屋がきれいだと気持ちいい」と自分に言い聞かせてがんばっています。

 

メンタルがやられる人とそうでない人の差

こちらは逆に私が鉄のメンタルを持っていると言われていますが

これもほとんどはストレスの種類の差の問題だと思っています。

私は別に強くもなんともない。

 

メンタルがやられているという状態は、

・病気になる

・様子がおかしくなる

・会社に来なくなる

みたいなのをいうようですが

正直これって周りの人から見て迷惑な状態になるというだけのことでは?と思っています。

 

仮に私が医者から絶対安静を命じられたとして、

それでも私はお金がなければ出社する。

金がないというストレスに弱いから。

あと会社休んでどんな顔して復帰すればいいのか、気まずさに弱いから働く。

出社したら手持ち無沙汰のストレスに弱いから働く。

これもメンタルをやられていると思うのですが、

ぱっと見元気なら「出社してるしあとは自業自得でしょ」程度にしか思われない。

 

一方で金がないというストレスや「どうやって復帰しよう」なんてストレスに強い人は休む。

お前らのせいで私は会社に行けません!って行動で示せるのはとても強いと思います。

 

じゃあ気を遣わなくていいのか?って話ですが、

これはやはり現在の仕事に対して弱いわけだから気を遣うべきでしょうね。

転職しろよとは思うけど、そんなこと言ったら大変なことになるし。

鉄のメンタルと呼ばれる私たちは自分のやり方を貫くことができません。

 

結局、人それぞれ

悪意があるなら話は別ですが、

それぞれの弱点は違うわけで

むやみに個人のやり方を改善させられたりさせたりするのは得策ではない気がします。

 

改善させるとやはり上下関係ができるし、

偶然いい結果になれば改善させた側は「私のおかげでまともになれた」、

別の問題が起きると改善させられた側は「あんたがやり方を押し付けるから」となる。

すると悪意が芽生えて相手に超能力並みの察しを要求したり、アゴで使ったり、

揚げ足を取ったりするようになってますます残業が増えるわけです。

ヘルシースナッキングをやってみる

帰宅後から晩飯ができるまでの間にだらだら食べるという習慣が

いつのまにか定着してしまいました。

 

空腹の理由

しかし食べるのは腹が減るからで、腹が減るのにももちろん理由があるわけです。

 

1.朝食〜昼食は5.5時間しか空いていないが、

昼食〜夕食は定時で退社して30分で調理しても6.5時間空く

2.昼食が少ない(弁当作りに割けるのは5分)

 

これらを軽減するためにおやつを導入することにしました。

とりあえずなんか食っとけば帰宅してだらだら食べ放題にはならないはずである。

 

ヘルシースナッキングだ

なんかね、おやつ食うなら健康的なものを食べましょうという動きがあるようです。

なんなんだよすぐ横文字にしやがって。

って思ったら海外のセレブがやってるんですって。そりゃあ横文字というか英語ですよね・・・

 

文句はさておき、健康的おやつに該当するものは

・ナッツ

・ドライフルーツ

・ヨーグルト

グラノーラ

・チョコレート?

あたりを指すようです。

「もちろん素焼きです」「もちろん砂糖無添加です」とか言うんでしょうけど。

煮干しとか昆布とかはやはりセレブ感がないから違うらしい。。。

あとチョコレートは穀類をチョコで固めたものをヘルシースナッキングと名乗っていることが多いので・・・

ヘルシーじゃないと思うけど・・・

 

この中で職場での間食にちょうどいいのは、

ナッツとチョコくらいか。

職場に冷蔵庫がないのでヨーグルトとチーズはだめ、

ドライフルーツは手がベタベタするからだめ。

グラノーラは細かすぎる。

 

食べる物は実行が早いぜ

そんなわけで素焼き?素煎り?ミックスナッツの大袋と

ダークチョコレートを小分けにしました。

ナッツ20gとチョコ2かけ。

f:id:zuborasii:20181111130510j:image

右が私の、左は便乗してきた夫の。チョコレートが違います。

これを鞄に入れて持っていきます。

硬いから通勤電車でも粉砕されません。

 

向こうは勤務時間がまちまちなので小腹が減ったら食べているようです。

私は14:30くらいか。眠くなるのでクルミの苦味でささやかな抵抗を。

 

1週間やってみての感想

帰宅後の間食→減

いつも帰宅時は完全にパワーが切れているのでなんかしらつまんでいたのですが、

今週は水を飲んで凌げた。

腹というよりも「おやつ食べたし」という気持ちがあるから抑えられている気がする。

しかしそれにしてもナッツは腹持ちが良い。

 

お金→増

ナッツもチョコレートも高い!!って思ったんだけど、

ナッツは3.5週間で1,000円、チョコレートは2週で300円くらいなので大したことなかった。

お互いコンビニとかでちまちま買ったりしなくなったので総合的にはお金が増えたと思う。

 

歯の健康→減

唯一の問題は昼の歯磨きがわずか数時間で無意味になってしまうこと。

しかもチョコレートて。

 

これで健康になるわけではない

もちろん運動等をしないと健康には程遠いわけで、

しかもナッツとかカロリーがすごいから食事もさらにヘルシーにする必要があります。

そこが問題なんだよ・・・

10月振り返り+11月の目標

もはや年末。恐ろしや。

 

10月の振り返り

残業を抑える

結果:58.5時間

ほぼダブルスコア!!

これが年内で一番かな。どうかそうであってくれ。

先月も書いたけど10月は本来暇。

なのに先方の検収遅れがなければ小型案件だけで前年比260%ですよ今年。

そこに大型案件のずれ込みがあったのでこんなことに。

 

25分以内に退社するのも5回くらいできなかったがもはやそういう問題ではない。

 

家計簿の再開

一応やりましたがこれは後日。

 

身の回りの整備

服の寄付をしました。

箱いっぱいにということで、なんかもう終盤は当分履かなそうな靴とか売ろうとしてた服とかも勢いで詰めてしまった。

が、おかげですっきり。

衣類すべてが一目で見渡せることがこんなに快適とは思わなかった。

 

その他

家庭菜園の様子

いんげんの後釜は未定ですが(本当は冬からえんどうをやりたい。豆の連作になっちゃうけど)、

レタスとネギは収穫しまくってます。

特にネギはちまちま使えるのでかなり便利。

にんじんは尺取り虫の襲撃を受け、

ミルクブッシュの栽培でもしてんのか?という状態になりましたが

全滅させてからはどんどん成長しています。

カランコエがやたら元気なので鉢を換えてやりたい。

 

ガールに復帰

ガールスカウトの指導者をしているのですが、ずっとさぼってまして

先日のバザーから復帰しました。

月一くらいは出られるように予定を組んでいます。

 

しかしみんなちっちゃい子だったのが粗方私の背を抜いておりびっくり。

なんでうちの団は昔からみんなスラリと背が高いんでしょうか?

私が日本人女性の平均くらいなので小さくはないのですが団の大人の中では圧倒的に小さい。

 

11月の目標

残業を減らします

今月はとりあえず25時間以下を目標にします。

実はまだ大型案件が地味に終わってなくてですね、

長時間残業を3日くらいやりそう。

 

身の回りを整備します

年末は大掃除に専念できるよう、

PASMOを払い戻して時計の電池交換

・電話の乗り換え先をピックアップ

あと、クローゼットとたんすに大きな空きができたので

その辺をどうするのか考える。

机がせまくなったよ・・・

日常の作業風景

私の使っている机はL字型をしており、こんな感じでフル活用していました。

f:id:zuborasii:20181028230445j:image

親会社のルールで、退社時には机をきれいにしなければならないとのことで

ほとんどの物は袖机、客先へ返却しなければならないものは共用キャビネットへ入れています。

帰るときの机の上にはティッシュと電話のみ。

 

しかしもはや親会社でそれを守っている人はほとんどおらず(棚とか置いてるしね)、

子会社のこちらもペン立てが出ていたり展示会の招待状が置いてあったりして

当初のルールを守っているのは私と斜向かいのベトナム人くらいである。

 

席替えがありました

ところが先々週のごたごたの着地点として、大規模な席替えが実施されることになりました。

 

私の移動先、旧打ち合わせスペース。

f:id:zuborasii:20181028230740j:image

狭っ!!せっま!!

 

ひどい話です。

机のルールを守ってる、売上目標も達成している、

(こっそり土曜出勤はしたが)善良なる社畜の私。

一体何の仕打ちなのでしょうか。

 

ブーブー文句を言っていた翌朝、同じく打ち合わせスペースに引っ越す同僚は静かなもの。

やはりここは私が小さい人間だからか・・・と思いきや

いざ席替え先の机を実際に見るや(いつも見てるはずなんだけどね)、

「えー!!狭いよ!無理無理!!えっなんなの!?芝浦さんうちら何か課長に悪いことしたっけ?」

 

やはり狭かった。

 

問題点が多いよ

この机、やはり問題が多い。

まず狭い。っていうか浅い。

仕事ではほぼ必ずA3の図面を複数枚並べて見るのですが、キーボードが邪魔。

かといって並行してCADを触るのでキーボードは必要。

 

そして長い。

いや個人に割り当てられたスペースは長くないんだけど、

机自体は5メートルくらいある。

というわけで足元の壁が片側にしかないのだ。

支給されたゴミ箱を貼り付けたらほとんど埋まってしまう。

 

あと遠い。

庶務担当なのに庶務を振ってくる上司の席からはめっちゃ遠い。

そもそも電話取ってるのにみんなの真ん中にいないことも非効率である。

 

とりあえず配置してみた

しかし決定事項には逆らえない。

私達が追いやられることで空いた広い机に来る転籍者の目処は立っていないが

反論には数値的根拠が必要なのだ。

現在はまだそんなもんない。

だってこの机に移動することで生産性が下がることを証明しなければならないのだ。

ね、無理でしょう?

 

仕方ないので一旦いろいろ配置してみました。

f:id:zuborasii:20181028230849j:image

これでやってみて、問題点があれば変更してみます。

まあとりあえず1週目にして腰痛がひどかった。

同僚なんてこれから長尺図(原図が10mとかあるのよ)やるのにかわいそうだ。

ていねいとスマートの間で生きている

○いつもそうですけど、今回は本当にひたすらただの文句です。

 

ていねいな暮らし情報ばかり集まるという現象

家庭菜園や編み物などでちょっと調べ物をすると

(プランターでの野菜の生育具合など)

やたらとていねいな暮らし情報が舞い込んでくる。

ていねいな、と言うならば丁寧くらい変換してやれよと思いますがそこは芸術的ふんわり感なのでしょう。

 

いや平仮名か漢字かなんてどうでもよく、私はこのかき分けてもかき分けても出てくる丁寧な暮らし情報にうんざりしてきたのだ。

こんなに丁寧情報が溢れているのは需要があるからか、

丁寧って地味だから披露せずにはいられないのか。

そもそも同列にシンプルライフとかミニマリストとか出てきまして、

それはそれでちょっと違わないか?どうでもいいけど。

 

好きなことのためにあらゆる物事を圧縮して時間とスペースと心にゆとりを作りたいだけなのですが、

調べ物をするとどうもやはり石けんシャンプーとかの影がちらつく。

シンプルライフ重曹クエン酸と木綿(というより化繊への嫌悪)にまみれているのを見るに、

私が目指しているのは丁寧どころかシンプルライフでもない気がしてきた。

 

逆に効率化を求めるとやたら買わせようとしてくる現象

それでは、と丁寧じゃなくて効率的に生きようとすると今度は便利グッズの山である。

専用の洗剤、家電、文具など。あと効率化の本。

 

しかし私はずぼらかつケチである。

そもそも買い物に行くのが面倒で、物の種類が増えすぎると管理が面倒。

単行本は高いし読みにくい。

洗濯機の乾燥機能は部屋が暑くなるし、

食洗機を使っていたら食事に間に合わないほどさぼっているから滅多に使えない。

っていうか全部金かかるし。

あと便利グッズって息が短いので使い古して新しいものを買おうとするともう売ってない。

 

物が少ないなら良質でなくてはならないという謎の傾向

管理もめんどくさいし散らかさないようにするにはものを減らしましょうということになるのですが、

やはりここにも「良質なものを」という謎の信念があるようです。

 

安物を少しだけ持って大事に使っているのは貧乏臭いだけで自分を大事にしてない、みたいな。

本人のテンションを下げていた原因で、思い切ってまとめて捨てられてさっぱり気分を与える役でしか登場しない。

 

9割引で買ったとしても返品したいような粗悪品はさておき、安物に何か恨みでもあるのだろうか?

ただ「物質の数量は乏しいが貧乏ではないからね!!!」って主張にも見える。

で、手放せない安物には素敵なエピソードをつけねばならない。

 

貧乏でいいし!!

というわけで貧乏くさくても安っぽくてもいいからさっぱり生きるブログを目指しています。

目指すは「受難」のフランチェス子である。

あきらめでストレスを減らす

やっと真面目に仕事の話をします。

 

かなり前の記事でちらっと書いたのですが

数年前の私は仕事がどうにもきつく、なんとかならんのかと苦しんでいました。

 

がんばって解決するぞ!!

とはいえ私はクズですからね。

スキルを上げる→勉強めんどくさい

転職→転職活動超めんどくさい

周りに働きかける→なんで給料一番安い私がやらなきゃならんのだ。めんどくさい

 

しかも残業の根本的な原因は「こいつら一人で仕事をするレベルじゃねえと上司が判断した」という

ぼんやりしたものでした。

つまり解決策をとったところで的外れな可能性もあるわけです。

どの点がまずいのか訊けば「反抗的」「それを考えないのも問題のひとつだ」

「ってわけでみんなで何故みんなが問題児なのかディベートして報告してください」。

ひでえ。仕事増えたわ。

本当はあなたもはっきりとは分かってないんじゃないかしら?って。

 

無理だ!あきらめた!

諦めの早さには自信のある私、すぐに諦めました。

そして諦めを前提として現状を整理することにしたのです。

 

しかしいちいち自分の欠点を整理するというのもかなり面倒。

プライドもあるし、整理でエネルギーを使い果たしそうだし。

っていうかうんざりするほど欠点が多いから問題なわけですし。明らかにめんどくさいよ。

 

なので逆に譲れないものは何なのか考えてみました。

これはもうシンプル。

・定年まで安定収入を得る

 

ちなみにこれまで手に入れようと思っていたもの:
・できる人である

・そこそこおしゃれ

・清潔感
・豊富な専門知識

・細やかな気配り

・なんか知的

・センス良くあらゆる文具を使いこなす

・定時までフルパワーで働く

・お金たっぷり

・・・・


冷静に考えてみれば、そんなことが自然に叶うような人間なら

そもそも新卒で試用切りしなきゃならないような会社に就職してなかったはずである。

 

そのことに気付いたら、

「○○したい(できると信じてた)のにかなわない」というストレスが消滅しました。

「こうするには努力が必要。そして私は努力が苦手だからしない」ってことです。

心にさわやかな風が吹き抜けますね。

果たすわけない義務や難しすぎる目標などいらないのよ。努力しない人には。

だってもう計画から葛藤、得られない結果まで全部無駄だもん。

その間に趣味もできれば寝られたし反省せずに済んだ。

 

めんどくさがりで何が悪い

いいやめんどくさいなんて思ってはいけない!

なんてそんなことこそ思ってはいけないと思います。

めんどくさいと思わないようにしたところでめんどくさいことは変わらない。

 

振り返ってみると、

ただの「めんどくさいというストレス」だけで済んでいたのが

「めんどくさいというストレス」と「めんどくさいと思ってはいけないという我慢のストレス」、

「それでもめんどくさいと思う自分を責めるストレス」に増えていたことに気付きました。

 

これを「はい、めんどくさい」で済ませると、残りの精神的スペースに

「この方法ならめんどくさくないかも」などのアイデアが入れることができる。

それがうまく運用できればめんどくさくなく問題が解決してしまうこともある。

 

この発想の罠

しかしこの発想、問題を多数抱えても勉強したがらないようなクズが公言すると

「開き直ってんじゃねえ!」となってしまいます。

ほんとに。

私は公言してめっちゃ怒られました。

未だに酔った上司に「あの時考えを変えてよかったでしょう?」と言われます。

まあ一切変えてないからこうして書いてるんですけどね。

ひっそりおすすめします。ひっそり。

ぴーなっつ最中の箱がかわいい

タイトルの通りでなんのひねりもなくただそれだけなのですが

ここ数年で一番気に入った箱なので紹介します。

 

まずは形から

 

f:id:zuborasii:20181015001023j:image

 

落花生のような形をしています。

実際の落花生はごつごつしてますが滑らかにデフォルメするとなんともかわいい。

また赤と白の2色なので、盛りだくさんなデザインですがまとまっています。

 

この中に最中が8個縦に入ってます。

 

ちょっと寄ってみますよ

 

f:id:zuborasii:20181015001531j:image

 

この落花生、四つ葉のクローバー持ってますね。

手足の取ってつけた感が良い。

ちなみに個包装のパッケージにもこいつがいます。

(たまに四つ葉持ってるらしい。)

 

その横。

落花生の柄なんですよー。

落花生って葉っぱもかわいいよねなんて思っていたのですが

地べたに成長する落花生のかわいい葉と花がイラストになっています。

f:id:zuborasii:20181015080946j:image

 

側面もいいね!

側面がですね、これ落花生がこんなふうに育つんですってのがわかる。

深さと蓋・本体を利用したすばらしい絵柄ですね。

落花生のかわいさ楽しさが箱自体に既に詰まってるわけよ。

f:id:zuborasii:20181015081743j:image

作者の落花生愛を感じます。

実際は花がもぐるので分岐がちょっと違うのですがまあ良しとする。

 

中もすごいぜ

箱の中もすばらしい。

底は蓋のかわいいイラストを引き継ぎ、仕切りは断面図としての土中の落花生。

f:id:zuborasii:20181015154213j:image

 

で、これだけじゃあないのよ。

まさかの落花生君(勝手に名付けた)、食べ終わって見える底面で今さらの個数宣言。

f:id:zuborasii:20181015154144j:image

知っとるわ。

もう食べた(配った)わ。

かわいいいいい!!!

 

あまりに箱がかわいいので、頑丈な箱ではないのですが

何かに使ってやろうと思案中です。